Skip to content

ニキビは思春期の強敵なので治したい

毛穴に皮脂がたまってくるとニキビができ始めてくるので注意が必要です。

ニキビは顔や胸、背中など、皮脂の分泌が盛んな箇所によくみられる、できもので、思春期に多くできるのが特徴で、成人以降にも見られます。最初の方は、皮脂が詰まったメンボウと呼ばれる状態ですが、その中でニキビ菌が増殖してくると、赤いぶつぶつができたり、膿を含んで、治りにくくなります。さらに進行すると袋状のしこりができたり、跡が残ったりします。思春期である、中学生や高校生の時にできますが、個人差によって、一つ二つしかできない人もいれば、顔中にできる人までいます。

異性の事を気にしたり、周りよりカッコよくいたい、可愛くいたいと強く思う年頃でもあり、そんな青年達の強敵でもあるのです。原因としては、ホルモンのはたらきが関与しているといわれますが、その詳しい仕組みは解明されていないのです。原因はわからずとも、栄養面や清潔面が不十分になると出来やすくなるので、規則正しい生活を心がける事が必要です。

治療するには、毛穴の詰まりにアダパレンという塗り薬を塗ると効果的です。もし、赤いぶつぶつや膿をもった状態になった時には抗菌薬を使用した方が治ります。にきびの跡をとるにはケミカルピーリングやレーザー治療がありますが、ほとんどの場合、十分な効果は得られていないのです。あまりひどくならないように早期治療で跡を残さないようにするのがしています一番かしこい治療方法です。
新宿の皮膚科でニキビ跡治療のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *