Skip to content

嫌な嫌なニキビは原因をつきとめて封じましょう

ニキビは美容の大敵として多くの女性に嫌われる存在になっています。

ニキビを作らない為にもまずは原因を知らなければならないでしょう。基本的に1つの事に注意をしていれば良いと言う訳では無くて、複数の原因が作り出しています。ホルモンバランスが乱れたり、内臓が不健康になって起こるケース、あるいは精神的なストレスによって生まれる場合があります。他にも体に過剰な熱が溜まり、なおかつ老廃物が組み合わされる事によってニキビが出来てしまいます。多くの場合、下半身では無くて上半身に出来てしまう原因がここにあります。

何故かと言えば上半身の方が熱が溜まりやすい傾向にあるからです。何処に出来るのかでも原因を探る事が出来ます。例えばおでこに出来た場合には、シャンプーやリンスのすすぎが残っていたり、汚れた前髪がくっついてしまって炎症を起こす、あるいは胃腸等の内臓系の疾患から出来ているケースがあります。改善方法としては暴飲暴食をしていなかったかどうかを考え、しているならば反省して食生活を変える必要があるでしょう。

前髪が原因の場合ですと髪の毛が皮膚に付かないように普段から意識をして切ったり、髪型を変えるような工夫が必要となります。鼻に出来る場合は普段から良く触って汚れていないかどうか、ファンデーションを付け過ぎたり、毛穴が詰まっていないかどうかを考えなければなりません。他にも肝臓や大腸や肺の不調から出来ているケースもありますので、食べ物にも注意をしておきましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *