Skip to content

メラニンを抑制して美白

美白を目指す場合に大切なのが、メラニンの生成を抑えることです。

メラニンは、もともとはお肌を守る機能として存在しています。人間のお肌は、紫外線を浴びると肌からダメージを守ろうとメラニンが生成されます。時間と共に外に排出されることで新しい健康な皮膚に生まれ変わるのですが、お肌のターンオーバーが正常になされていないと、色素が沈着してしまい、シミの原因にもなります。そのため、美白に働きかけるための化粧品として、ターンオーバーを活発にしたり、メラニン生成プロセスを阻害したり、色を少しずつ薄くしていったりする作用があるものがあります。

美白に働きかける具体的な成分としては、ハイドロキノンがあります。日本では2001年以降、化粧品に使用することができるようになり、さまざまな製品に含まれています。メラニンを生成する際に欠かせないチロシナーゼという酵素の働きを阻害する作用があります。美白に効果的なハイドロキノンですが、肝斑をなくしたいという方には、アルブチンがおすすめです。

ハイドロキノンの作用をおだやかにしている成分で、皮膚が白く抜けた状態になることを避けることができます。また、ビタミンC誘導体もおすすめです。濃い色の色素沈着を薄くしたり、淡い色の色素沈着をなくす期待が持てます。また、コウジ酸もおすすめです。シミやそばかすを防ぐことができます。麹から見つけ出された成分です。自分にあった成分が含まれたものを使用することが大切です。
新宿で肝斑治療のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *