Skip to content

シミの種類とその治療方法

一言でシミと言っても、さまざまな種類があります。

その種類によって、治療法もまた変わってきます。レーザーが一般的ですが、中でも「スイッチルビーレーザー」による治療が多くのシミに有効です。ほか、フォトシルクプラス、ライムライト、アキュチップ、炭酸ガスレーザーなど、さまざまな方法があります。・シミの中で、一番多いのは、「老人性色素斑」で、日光性黒子とも呼ばれており、早い人だと30歳で、大半は40歳以降に現れ始めます。症状は、濃い褐色のはっきりとしたシミで、加齢や紫外線による影響により現れる色素斑です。

治療には、レーザーや光治療が一番効果が大きく、良く取れやすいのが特徴です。・「脂漏性角化症」は、老人性イボとも呼ばれ、30代以降から顔や体に現れ、これは、角質細胞の増殖によるもので、イボのような膨らみを持っています。同じく加齢や紫外線が原因とされています。・「雀卵斑」は、いわゆるソバカスの事で、学童期に遺伝的に発生する場合が多く、鼻を中心に左右対称に小さい色素斑が散在して現れます。顔だけではなく、手や背中、肩などにもできることがあります。・「肝斑」は、頬や額などに左右対称に現れ、地図のような模様をしているのが特徴です。

主に、女性ホルモンが影響していると言われていますが、原因はさまざまです。60歳以降は、症状が軽くなる傾向があるといわれています。・「色素沈着」は、皮膚にダメージがあった場合に、炎症がひどい場合など、痕として色素沈着し、残ります。・「ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)」は、成人になると、頬や額の両側にできます。ソバカスより大きめのグレーや紫がかっているアザで、他のシミと区別が付きにくいという特徴があります。上記の症状には、全てスイッチルビーレーザーで対応可能で、万能な治療法と言えるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *