Skip to content

ニキビの段階で考えたい治療

鏡で自分の肌を見ていても、ニキビはどれも同じに見えてしまうものです。

けれどもいざ治療をしようとなると、その段階によって適切な処置をしていかないと悪化させたり治るまでに時間がかかってしまいます。一番最初の軽度の段階の状態は、男性ホルモンや乾燥の影響で毛穴に汚れが溜まりやすくなっている状態です。これは視認出来ないことが殆どなので、何となくでもこれはにきびかもしれないと思ったらスキンケアやストレスが溜まっていないか見直すと良いでしょう。出来たと分かるのが白く色がついた状態です。

皮脂が毛穴に詰まっている状態ですが、この段階で面ぽう圧出などを行って処置をしていけば跡にもならず綺麗にできます。そして白かった状態からさらに皮脂が押し上げられて黒くなった状態になっていきますが、これも同じような処置で対処がしていけます。初期状態のうちに早めに適切な処置をする方が治りは早いですが、繰り返すようならホルモン治療などを行って体質改善をするのもいいでしょう。さらにニキビが悪化していくと、赤や黄色になっていきます。

炎症を起こしていますから、気軽な気持ちで潰してしまうとそこから雑菌が入ったりして治りが遅くなるだけではなく、跡になる可能性も出てくるので注意が必要です。紫までニキビの状態が進むと滞留物の除去のために切開も必要になる事がありますので、出来る限りニキビだと思ったら早めの治療を開始していくようにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *