Skip to content

ニキビは自己判断でつぶすより皮膚科での治療

一昔前までは、ニキビは脂っぽい若い肌にできるもので、洗顔さえしていれば自然に治るもの、といった考えを持つ方がほとんどで、皮脂をどんどん取り去るケアや、皮脂つまりを取れば改善するなどといった、実に乱暴な処置を行う方も少なくはありませんでした。

しかし今では、成人以降の大人の女性もこの肌トラブルに悩まされるようになると、ニキビに対して正しい情報が発信されるようになり、ニキビには保湿ケアが大切であることや、自己判断で皮脂詰まりを取れば、そこからばい菌が入り、症状が悪化してしまうということも知られるようになりつつあるようです。

ニキビは、れっきとした皮膚疾患でもあるので、皮膚科医の診察を受け、適切な治療を受けて治すべきものなのです。これが、醜い痕のない、元の美しい素肌を取り戻すことにもつながり、ミカンの皮のようなデコボコのクレーター肌にならないようにする近道なのです。お肌がこのように陥没してしまうと、現代医学をもってしても、元のフラットな状態に戻すことは極めて難しく、ある程度目立たなくさせる程度にしか出来ません。

黒ずみや赤みなどの色素沈着は美白ケアで何とかできても、お肌の陥没はケロイド治療と同じく時間もかかるので、一生涯肌悩みを抱えてしまうことにもなりかねません。そうならないためにも、たかがニキビと侮らずに、専門医にしっかりと診てもらい、できるだけ早い段階で、自分の肌に合った治療を始めましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *