Skip to content

ニキビ治療のためにホルモンバランスを整える

ニキビができる原因は一つではありませんが、おおもとの原因は、雑菌が毛穴に繁殖して炎症を起こすということです。

この雑菌を繁殖させてしまう原因は人それぞれといえます。しかし、やはり雑菌は人の皮脂をエサとしているので、皮脂の分泌が多いとニキビができる可能性が高くなりますね。この皮脂の分泌を増やしてしまうという要因の一つがホルモンバランスなのですね。

特に女性は、生理前にニキビが毎回できるという方が多いですが、これはまさしくホルモンバランスがかかわっています。生理前には、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が減り、プロゲステロンという男性ホルモンに似た働きをするホルモンの分泌が増えます。そうなると、皮脂の分泌が増えて男性の髭が生える部位のあごや頬にたくさんにきびができてくるのです。

生理前だけならいいのですが、ホルモンバランスが常に崩れている状態になってくると、常に皮脂の分泌が多い状態になってしまいますね。これを治療するには、ホルモンバランスをよい状態に整える必要があります。本格的に治療するならレディースクリニックなどに通院する必要がありますが、自分でもある程度整えることはできます。それに役立つのがサプリメントなのですが、イソフラボンがおすすめです。イソフラボンは大豆に含まれる成分ですが、エストロゲンと似た働きをするのです。エストロゲンを増やすわけではないですが、減っている時期の補完の役割としては大いに役立つでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *