脱毛中は日焼けに注意

脱毛中は日焼けをしてしまうと施術が受けられなくなるため、肌を焼かないように紫外線対策をしっかりしておく必要があります。

紫外線を浴びると肌は組織を保護するためにメラニン色素という色素を作りだしますが、このメラニン色素は脱毛に深くかかわっている色素です。人間の毛が黒いのもメラニン色素が多く含まれているためで、脱毛は体毛に含まれるメラニン色素を利用して熱を発生させ毛を作る組織を破壊するのです。日に焼けていない白い肌の場合には施術を行っても肌に何の影響もありませんが、日に焼けてしまった肌にはメラニン色素が多いため施術を受けると肌も熱を帯びることになります。ひどい場合には軽いヤケド状態になる事もあるため、日焼けしてしまうと施術を受けられなくなります。

特に顔や腕、脚などは紫外線にさらされる時間が多いため注意が必要です。また日に焼けると肌は乾燥するので、外部刺激に弱くなります。そういった状態で施術を受けると肌トラブルを起こす事があるので普段以上に肌ケアをしっかりしておく必要があります。脱毛をする時には日に焼けないこと、そして肌の保湿を充分行い乾燥を防ぐことが大切です。そういった事に注意すれば安全に施術を受けることができ、美しい肌になれます。紫外線が少ない冬から春にかけては脱毛を始めるのに特に向いている時期と言えます。この時期に始めておけば肌の露出が多くなる夏頃には体毛の量もかなり減っており、無駄毛の処理も楽になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *