病院で行う医療脱毛について

クリニックや病院で行う脱毛は、医療脱毛と言われ医師本人や医師の指導のもとで施術が行われます。

1980年代頃の医療脱毛法の主流は医療用の針を使ったニードル脱毛でしたが、効果がたいへん高くても一本一本目で確認しながら行うので、非常に長い時間がかかることに加えて、毛穴に針を差し込み微電流を流す為に、かなりの痛みをともない途中で諦める人も多くいました。近年の医療脱毛の主流となるのが医療用のレーザーを使用する医療レーザー脱毛で、一度に広い範囲の施術ができるので時間が短くて済みます。痛みも輪ゴムでパチンと弾かれた程度ですので十分に我慢ができ、ニードル脱毛と比べてかなり楽に脱毛ができるようになりました。医療レーザー脱毛は、レーザーが毛のメラニン色素に反応して発熱して、毛を作る毛母細胞を破壊するので二度と毛が生えてくることがありません。

メラニン色素にのみに反応して他の皮膚にダメージを与えることがほとんどないので、身体への負担も少ないのです。しかし、副作用や後遺症が皆無という訳ではなく、稀に赤みが出たり火傷の症状が起こる場合もあります。患部を冷やし清潔に保つと数日で治まるケースがほとんどですが、もし症状が改善されなければ、医療機関で施術を受けているのですぐに医師の治療が受けられ、抗炎症効果のある内服薬や外用薬が処方されます。ですので、気になるムダ毛を脱毛するなら、医療脱毛をするほうが断然安心できますね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *