水漏れ修理は専門業者に依頼する方がメリットが大きい

水道は新たに設置してから約10年程度で耐用年数が到来するという考え方が一般的です。家を建てた時に水道も引いていることがほとんどですから、新築から10年経っている場合は水道の点検を行い、必要に応じて修理を行うことが賢明でしょう。お風呂や洗濯機、キッチン、洗面などの水回りの場所は、利用頻度も高い分、劣化がかなり進んでいる可能性があるため、水漏れがないかの確認は定期的に行うことが必要です。蛇口やパッキンは10年程度で劣化が進むことから、そのタイミングにて交換するのが費用対効果の観点からもよいのですが、10年経過前であっても、使用頻度によって経年劣化が思った以上に進んでいることもあります。

蛇口をしっかり閉めているにもかかわらず、ポトポトと水がしたたり落ちている、蛇口を使った際に高い音が発生しているのなら、部品交換のタイミングと考え間違いありません。最近では、修理に必要な部品をホームセンターやネットを通じて購入し、自分で交換を行う方もいますが、専門業者に依頼するほうが早くて確実です。自分で交換した際に、予測不能な事態に陥り、かえって水漏れ修理に時間や費用がかかる場合もあります。また、水漏れ修理に必要な道具を揃える必要もあり、数年に1回しか使用する機会がない道具を購入してしまうというケースも見受けられます。

専門業者への依頼は費用はかかりますが、安全確実に短時間で修理が完了するというメリットがある点に注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です